活性酸素から体を守ろう|水素サプリが効果絶大

笑顔のレディー

体を冷やすと現れる症状

悩む中年女性

冷えをため込むリスク

冷え性はあらゆる体調不良を引き起こし、また体質も変えてしまうことがあります。体が冷えれば温めれば大丈夫と思いがちですが、体に蓄積された冷えはダメージとして症状に現れます。例えば、女性であれば生理不順、不妊症、男女共通であれば肩こり、頭痛、腰痛などです。冷えによって新陳代謝が下がると、体の機能が回復しづらくなります。血液の流れも悪くなるので、末端冷え性の深刻化、肥満、全身の凝りなど放っておくと症状も悪化していきます。また、内臓機能まで冷え性になってしまうと機能がしっかりと働かなくなってしまいます。そのため病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。冷え性はだれでもなり得る症状であり、意識して改善していくことが必要です。

体を冷やさないために

冷え性を予防するには靴下などを履いて末端を温めることが一番です。特に足元が冷たい床に接していると、そこから血液が冷えて全身に巡っていきます。また、エアコンの風も影響を受けやすいため、少し冷えると思ったら薄手のブランケットや、ズボンをはくなど対策をしておきましょう。体を温める食材を接種するのも効果的で、しょうが、にんにく、ごぼう、だいこんなど献立に入れていきましょう。夏の野菜は水分が多く、体を冷やしやすい食材です。それらを利用するときはなるべく温めた状態で食べるようにしましょう。ミルクも体を冷やすのでホットで飲むなど、工夫をすれば大丈夫です。半身浴や適度な運動、柔軟など体を芯から温める行動もかなり効果的です。